2号警備の再定義

人や自動車、自転車などをカメラに検知させ、警備員へ 通知を発報。「人」と「AI」が互いに補い合う、新しいかたちの 警備システムです。

お問い合わせ
警備業改善セミナーを開催します!

警備業、とりわけ2号警備の概念を変えるセミナーを開催。
人とAI(人工知能)が補完しあって行う警備スタイルのご紹介と、警備業界の未来について考えるセミナーです。

セミナー詳細はこちら

2号警備の再定義

人や自動車、自転車などをカメラに検知させ、警備員へ 通知を発報。「人」と「AI」が互いに補い合う、新しいかたちの 警備システムです。

カメラによる監視

工事現場やイベント会場など、カメラによって常時監視を行います。

KB-eye が危険を検知

カメラの監視データから、KB-eye が現場の危険を検知。近くにいる警備員に通知を発報します。

いち早く警備員が急行

KB-eyeの通知によって、警備員はいち早く危険を察知することができ、安全な警備を実現させます。

KB-eye for 交通誘導警備

KB-eye for 交通誘導警備では、工事現場に AI カメラを設置。AI で、車両や人 の「距離」と「種別」を判定して、危険と察知したら『声』と『光』で警 備員に伝えます。工事現場内の脇道から進入してくる車両や人物、自転車等 の接近を AI が検知し警備員に通知を行うことで、警備員のスキルに頼らず 事故を未然に防ぐことができます。

詳しい説明をみる

KB-eye for 雑踏警備

雑踏事故・群集事故が発生する傾向を AI カメラがいち早く察知。近くにいる警備員が急行できるよう、警備員が装着するウェアラブル端末にいち早くお知らせを発報します。

詳しい説明をみる

KB-eye for 侵入検知 ( オーダーメイド )

工事現場内の危険区域や施設内の立ち入り禁止区域などにおいて、任意の場所にカメラを設置し稼働。不審人物の侵入がないかカメラによる検知を行います。

詳しい説明をみる

AIカメラを活用したハイブリッド警備

人や自動車、自転車などをカメラに検知させ、警備員へ通知を発砲。
「人」と「AI」が互いに補い合う、新しいかたちの警備システムです!