KB-eye for 交通誘導警備

工事現場内の脇道から進入してくる車・二輪車・歩行者の接近を AI が通知・誘導

  • HOME
  • KB-eye for 交通誘導警備

交通誘導警備のカタチを変える、AI 警備システム

片側交互通行の工事現場区間内の脇道から進入してくる車両や人物、二輪車等の接近をAIが検知し、音声で警備員に伝えます。また、専用のLED看板と連携することで、本線の警備員が、脇道の誘導を遠隔操作で行うことができます。

KB-eye for 交通誘導警備の特長

AI による映像解析で、車両や歩行者の接近を検知

KB-eye for 交通誘導警備では、工事現場にAIカメラを設置。AIを使った映像解析で、車両や歩行者の「距離」と「種別」を判定して、音声で警備員に伝えます。工事現場内の脇道から進入してくる車両や歩行者、二輪車などの接近をAIが検知し警備員に通知を行うことで 、警備員のスキルに頼らず事故を未然に防ぐことができます。

検知時には、LED 看板と連動し車両や歩行者を制止

KB-eye for 交通誘導警備には、専用のLED看板がセットで付属。LED看板では、通常時は「この先工事中」表示で車両や歩行者の案内を行います。AIカメラで車両や歩行者の接近を検知した際には、自動的にLED看板を「止まれ」表示に切り替えます。 警備員が配置されていない脇道・枝道で車両や歩行者を誘導することができる、画期的なシステムです。

警備員は、その場にかけつけずに誘導完了

車両や歩行者を検知した際には、LED看板の表示が自動的に「止まれ」に切り替わると同時に、音声で本線誘導中の警備員への発報を行います。脇道からの接近に気づいた警備員は、装備したリモコン端末を操作して、LED看板の「止まれ」表示を「進め」 表示に遠隔操作で切り替えることが可能。警備員は自身の配置を離れずに、遠隔から脇道の誘導を行うことができます。

AI カメラと LED 看板を使った「AI 警備」を実現!

片側交互通行の現場において KB-eye for 交通誘導警備を使った脇道の警備を行うことで、これまでにない効率で交通誘導警備を行うことが可能です。

KB-eye for 交通誘導警備の利用方法

(1) 設置・稼働

移動式のシステムのため、かんたんに持ち運びが可能。起動も電源ボタンを入れるだけのかんたん操作です。

(2) 画角調整

車/二輪車/歩行者を検知させたい場所に向けて、現場にいる警備員がカメラ画角の調整を行います。

(3) AIによる検知

AIが車/二輪車/歩行者の接近を検知すると、警備員に音声発報するとともに「止まれ」看板で制止させます。

(4) 警備員による誘導

警備員が本線や周囲の安全を確認した後、リモコン操作でLED看板を「進め」信号に変更し、誘導が完了です。

KB-eye for 交通誘導警備 ご利用イメージ動画

製品仕様

製品名 KB-eye for 交通誘導警備 [ KO2-05 ]
外形寸法

本 体:W400×H600×D300 mm
LED 看板:( 小 )W400×H1,200×D780 mm
( 大 )W700×H1,510×D1,100 mm

通知形式

・トランシーバーによる音声通知
・LED看板による誘導表示

設置環境気温

-10°C~40°C(結露・凍結なきこと)

重量

約 20kg(総計)

電源供給

本 体:リチウムイオンバッテリー
LED看板:発電機

通信方式

インターネット接続

備考

・2019年3月時点の仕様となります。
・基本的な防水防塵性能は備わっていますが(IP65 程度)、荒天の際には使用をお控えください。
・今後製品開発により仕様が変更されることがございます。ご了承ください。

 

KB-eye for 交通制御

KB-eye for 交通制御は、片側交互通行の交通誘導を警備員の代わりにAIが行う、革新的なシステム。
車両の通過数状況や周辺渋滞情報を自動的に取得することで最適な信号切替タイミングを判断・誘導します。
既存の工事用信号による機械的な誘導よりも、「より人に近い判断」で安全かつ円滑に誘導を行うことができます。

詳しい説明を見る