【稼働実績】京都駅周辺 国道1号線舗装工事(KB-eye for 交通誘導警備)

稼働実績

2018/09/18 (火)〜2018/09/19 (水)、京都駅周辺で行われた国道1号線道路舗装工事の現場にて、KB-eye for 交通誘導警備を用いた歩行者・二輪車の接近検知を行いました。

稼働概要

使用システム:
KB-eye for 交通誘導警備

実施期間:
2018/09/18 (火) 〜 2018/09/19 (水)

実施場所:
京都市内 国道1号線舗装工事現場(堀川七条交差点付近)

状況:
2~3分間に1名程度の間隔で、工事区域に近づく歩行者もしくは二輪車が通行する現場でしたが、
国道に合流する道路は警備の死角となっており、誘導する警備員の方の反応が遅れてしまう可能性が高い現場でした。
そこで、交差点付近にKB-eye for 交通誘導警備を設置。
死角となる場所の歩行者・二輪車の接近検知を行うことで、警備員の方の補助を行いました。

検知状況:
歩道を通行する歩行者・二輪車の接近をKB-eye for 交通誘導警備で検知。
誘導する警備員の方が装着した無線機に音声通知を発報し、視認するよりも前に接近に気づくことができました。

得た成果:
現場警備員の方にKB-eyeをご活用いただけ、適切な誘導に対するサポートを行うことができました。
また現場警備員の方だけでなく、現場の工事を行う建設会社様や国土交通省のご担当者様にも、たいへんご好評いただくことができました。

関連記事一覧