片側交互通行(片交)の誘導をAIが行うシステム「KB-eye for 交通制御」のページを公開しました。

  • HOME
  • ニュース
  • 片側交互通行(片交)の誘導をAIが行うシステム「KB-eye for 交通制御」のページを公開しました。

これまでマンパワーに頼らざるを得なかった、片側交互通行の誘導警備。2号警備の中でも最も人手不足の問題を受けやすい業務のひとつでした。
しかし、このKB-eye for 交通制御システムを導入することで、警備員の代わりにAIが片側交互通行誘導警備を行うことができます。

詳細は、KB-eye for 交通制御ページをご覧ください。